A-way of life ―命の燃やしかたかし―

退職→上海留学とその後の道―

34. VS自動販売機ー 糖分"0"の烏龍茶を求めて〜

***

たかしは激怒した。

必ず、かの国の自動販売機から甘い烏龍茶を除かねばならぬと決意した。

 

たかしには中国語がわからぬ。

 

たかしは、富山生まれの平地の民である。

 

5年以上もテレビを持たず、流行に取り残されている。

 

中国人の友達から日本の芸能界について聞かれても答えられない。

 

けれども食べものに対しては、人一倍に敏感であった。

 

                                                                             ***
元ネタ 太宰治 『走れメロス』(青空文庫)の冒頭部

http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1567_14913.html


・・・・・・・・・・・・

 ***

 

さて、中国では1月2日の今日から
学校が始まりました。年末年始の休みは3日間でした。

 

前置き長くなりましたが、新年早々やらかしたので、私と烏龍茶の戦いについて、記します↓↓↓

 


授業の休憩中、自動販売機でサントリーの
烏龍茶を買ったら、砂糖入りの烏龍茶が出てきました。

 


f:id:glidert:20180103010847j:image

 


やっちまった。

(※丁寧:失敗してしまいました。)


これで、2回目の失敗です。

 

(補足です。)
サントリーの烏龍茶は中国語でポピュラーです。ただ、注意したいのは、この烏龍茶、実は2種類あります。


1つは日本と同じ(無糖)、もう1つは砂糖入り(低糖)です。


無糖は青色のラベル、砂糖入りは、赤色のラベルがついてます。

 


じゃあ、
ラベル見れば間違えないでしょ!

 

そんな甘い判断をした結果、
後味の甘い烏龍茶を飲む私がいるのです。

 


f:id:glidert:20180103012308j:image

 (2回目の登場)


そこで、


後で自動販売機先輩を確認しました。

 

 
f:id:glidert:20180103012328j:image

 

拡大すると、

 


f:id:glidert:20180103012417j:image

写真は青色のラベル

 


だがしかし、自動販売機をよく見ると、

文字では砂糖入り(低糖)と書いてあるのでした。。。

 


f:id:glidert:20180103012448j:image

 (画質悪くてすみません。)

 

写真という見かけで判断してはいけません。

 

ボタンを押して 

ちゃんと最後まで中国語を読んで

意味を確認するまでが、勝負なのです。

 

電子マネー決済は、便利ですが、こういった
ユーザ目線の工夫も忘れないでほしいですね。

 


上海留学生活において、烏龍茶(無糖)は私にとって欠かせない相棒です。詳しくは、また今度。。。

 

追記 2018年1月13日更新

 

P.S

口直しにスーパーで烏龍茶(無糖)を買いました。

 



f:id:glidert:20180103015250j:image